訪れた街の良さを見つける山口県人

山口県(他の地域も少々)について書くブログです。その地域の良さを見つけ記録に残します。

山口県下松市の2級河川玉鶴川を歩いた記録を紹介

用事があって近くの銀行に行っていたのですが、下松市にとても小さな二級河川があったので紹介します。

二級河川玉鶴川の場所

下松市の中心を通り瀬戸内海へ流れる川です。

位置としては下松市西柳や西豊井が上流になるのだと思われますが、暗渠となっており詳細は不明です。

二級河川玉鶴川と二級河川錦川の比較

どれくらい大きさが違うのか、二級河川玉鶴川を、同じ山口県内の二級河川の錦川と比較してみます。

下松市玉鶴川

川幅は1~1.5メートルといった感じでしょうか。

岩国市錦川

こちらは毎年連休になると観光客が多く訪れる、名勝錦帯橋がある錦川です。

錦川は少し川幅に差があるので、ジャンプで飛び越えるのは厳しいかもしれません。

しかし玉鶴川であれば軽々超えられますし、錦帯橋と違って通行料も取られません。

玉鶴川下り

せっかくなので玉鶴川を下ってみました。

昔はこの川も舟が通っていたそうです。

スタート位置

スタート位置は下記の場所からになります。

なぜならば、これより上流は暗渠(あんきょ)になっており、道路、住宅などに阻まれ川の流れが確認できないためです。

泡が浮いており、水質はあまりよくなさそうです。

農協裏

しばらく進むと左は住宅、右は古びた工場かと思いましたが、地図を見ると農協でした。

水は相変わらず濁っています。

水草生息地

水草が生えています。

外来種アナカリスかなあと思ってみてみましたが、枝が細いのでもしかしたら数が減ってきている在来種のマツモかもしれません。

意外な発見です。

「車両通り抜けできません。」の看板

「車両通り抜けできません。」の看板がありませんでした。

ここで右の農協側へ自転車なら通り抜けられそうです。

90度カーブ

途中で90度近いカーブがありました。

今は晴れているので大丈夫ですが、この大きなカーブで大雨の日に水流を耐えきれるのでしょうか。

「私有地につき立入禁止」のコーン

曲がった先で、「私有地につき立入禁止」のコーンがありました。

この先突き当りでさらに90度左に川が曲がる個所があるのですが、立入禁止のため、撮影は断念しました。

上玉鶴橋

やむを得ず、先に回り込んで上玉鶴橋へ向かいました。

気のせいか、ここの川の流れは淀んでいます。

ここは間違いなく玉鶴川です。

橋の反対側から川幅が広くなりました。

川幅3メートル程度でしょうか。

最近河川工事があったためだと思われます。

山陽本線高架下

ここで山陽本線の高架下になります。

頭のすぐ上を山陽本線の列車が通るので大迫力です。

たまたま岩国行きが通りました。

高架も年代物のようで「日本国有鉄道 1983 KS-16 WU606-9 日立造船株式会社広島工場」と記載されておりました。

西一橋付近

この先に見えるのが西一橋です。

少し川幅が広くなりましたが、平凡でコメントはありません。

玉鶴橋付近

目の前に見えるのが玉鶴橋です。

ここも平凡な感じですが、県道366号線と交差しており交通量は多いです。

ここから先は第二ふ頭となり、海につながります。

関係者以外立入禁止の区間があるため、ここで終了します。

軽いネタばらし

国土交通省の定義によれば、一級河川二級河川の定義の下記の通りです。

河川法による管理を行う必要があり、国土交通大臣が指定(区間を限定)した河川が「一級河川」、「二級河川」は、一級水系以外の水系で公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で、河川法による管理を行う必要があり、都道府県知事が指定(区間を限定)した河川です。

なので、別に河川の大小は関係なかったりします。

ですが、玉鶴川と錦川が同じくくりなのは、いまいち納得がいかない気がします。

 

以上です。