訪れた街の良さを知る山口県人のブログ

山口県(東京も少し)について書くブログです。その地域の良いところを見つけ記録に残します。

山口県下松市には郵便局の木「タラヨウ」を確認できる場所がある:タラヨウの調査まとめ

 

「タラヨウ」という木があります。

タラヨウの木の基本データ

別名:多羅葉、ハガキノキ、学問の木など

分類:モチノキ科 モチノキ属

分布:本州静岡以西~九州、中国、四国に分布、中国

花期:4~5月頃(多数の黄緑~白い花をつける)

木の高さ:最大20m程度になる

成長速度:遅い

葉の大きさ:20cm程度

特徴:

  • 常緑高木
  • 温暖で日向を好む
  • 降水量が多い場所がよい
  • 雌雄異株で、雌木のみ秋に赤い実がなる。
  • ちなみに赤い実は毒はなく鳥は食べるが、人間が食べるとえぐみが強く食べづらいとのこと(※未検証なので食べたときの責任はとれません)
    • 一説にはタラヨウはお茶にする使い道があるとの話もあるが・・

 

そこらへんに生えている何の変哲もない木に見えるので、通り過ぎる方も多いかと思うのですが・・・調べてみると、意外に面白い木なのです。

 

実はこの木はお寺と郵便局にばかり生えているのです。

しかしなぜ、この木はお寺と郵便局にばかり生えているのか?

f:id:souzu:20220228161553j:plain

お寺にタラヨウが生えている理由

お寺にある理由は、「経文を書き写したり、炙ることで吉凶」を占っていたという経緯があります。

今でも願い事を自由に葉に書き込めるお寺が存在します。

(ただ植物を傷めることになるので、人によっては少し抵抗があるかもしれませんね)

郵便局にタラヨウが生えている理由

郵便局にある理由は、もっと不思議ですね。

タラヨウの葉は尖った固いもので傷つけると、インクで書いたように黒く残る性質があります。

なので、葉に文字を書くことができることから、ハガキの語源となっており、そこから郵便局によく植えられているそうです。

今では郵便局の公式シンボルツリーとしてタラヨウは指定されています。

下松郵便局のタラヨウの木

よくこのような植物の話を聞くと、本物の木を見たくなるのですが、植物に詳しくないと公園や山林に行っても、なかなかその他の木の区別がつかないものです。

 

なので山口県でタラヨウの木が生えているスポットを1つ紹介します。

下松郵便局です。

f:id:souzu:20220228161843j:plain

ぜひ、時間が空いた時に訪ねてみるとよいかと思います。

(※勝手に文字を書いたりちぎったりするのはやめましょう)

 

郵便局の前に看板も設置されているので、木がある場所もすぐわかります。

実は私もこれがきっかけでタラヨウという木と郵便局、ハガキの関係を知るきっかけとなりました。

f:id:souzu:20220228161950j:plain

 

私は偶然下松郵便局で見つけましたが、近所の大きな郵便局にも生えているかと思いますので、訪ねてみると看板が立っているかもしれません。

 

以上です。