どじょうさんのブログ

主に山口県(東京も少し)について書く雑談ブログです。

岩国城近くの田中穂積先生(たなかほづみせんせい)の銅像を訪ねてみたので、人物像を調査した

錦帯橋周辺を散策したのですが、その途中に胸像があり、こちらの方がどのような刃部物か、人物像について調査してみました。

なお、胸像は錦帯橋を渡って、ロープウェーに向かう途中の吉香公園の中にありました。

 

吉香公園の胸像の正体

この銅像の主は田中穂積先生という方だそうです。

(せっかくなので今回は胸像の台座に刻まれた敬称に従って、先生付で説明いたします)

出身は、ここ岩国市横山なのでちょうど岩国城がある一帯になります。

 

f:id:souzu:20211031174224j:plain

 

この胸像の近くには楽譜も彫られていて、近づくと近くのスピーカー「美しき天然」のメロディーが流れてきます。

 

曲名の「美しき天然」の読み方は”うるわしきてんねん”、または”うつくしきてんねん”などと言われていますが、所説あり定かではありません。

 

ちなみに楽譜の部分はJ〇〇〇〇Cにいろいろ言われるのではないかと心配なので、写真から削りました。現地での閲覧をお勧めします。

 

田中穂積先生の略伝

現地の看板やその他さまざまな資料によりますが、大方このような内容です。

江戸の終わり~明治に渡る戦時の時代背景を想像できる生きざまですね。

 

  • 安政2年岩国市(当時は江戸時代のため、岩国藩)に誕生。
    • 父は田中判右衛門、母は黒杭氏。
  • 明治6年海軍音学区隊に入り発展に貢献した。
  • 明治天皇の側近奉仕し、海軍軍楽長となった。
  • 私立佐世保女学校で音楽を教授中に「美しき天然」を作曲した。
  • 心臓の病気により、佐世保海軍病院で永眠した。

 

作曲した曲

代表的な曲は以下の曲のようです。

曲名から、田中穂積先生の生きていた時代の時代背景がうかがえます。

  • 不朽の名曲の「美しき天然」
    • 日本初のワルツと言われています。
  • 黄海海戦記念記念行進曲」
  • 「如何に狂風」
  • 「南洋航路路行進曲」

また、軍艦マーチの原曲も田中穂積先生の作曲と言われているそうです。

 

 

ちなみにロープウェイの山上のからくり時計からも、「美しき天然」のメロディーが定期的に流れます。

 

こちらもまた異なった趣があり、ロープウェイの待ち時間にお勧めです。

長崎佐世保の女学校教授時代に作曲されたようで、歌詞からさぞ佐世保の風景が素晴らしかったのではないかと想像されます。