どじょうさんのブログ

主に山口県(東京も少し)について書く雑談ブログです。

山口県周南市湯野の山田家本屋(やまだけほんや)と隣の湯野温泉足湯(ゆのおんせんあしゆ)をレポートします

少し前ですが、周南市湯野の山田家本屋に行ってみましたのでレポートします。

(”やまだやほんけ”とか、”やまだやほんや”と読んでしまいそうです)

 

萩藩の重臣堅田就政(かただなりまさ)のお家だそうで、無料で観覧できます。

ただ、維持にお金がかかるかと思いますので、余裕のある方は入り口で募金が良いかと思います。

 

ちなみに堅田就政の家格は寄組筆頭で、江戸の生まれで家督を相続し、長門国に帰った人です。

 

f:id:souzu:20211026210831j:plain

 

入り口横の看板には建物に関する説明が詳しく書いてありました。

さらには建物の中に入って主人?と思わしき人からお話を聞くと、看板には載っていない面白いお話が聞けました。

ご本人から聞くことをお勧めしますので、ここでは詳しい内容は割愛します)

 

中に入ると、いろいろなお手紙や物品の展示や、趣向を凝らした建物の構造を閲覧することができます。

f:id:souzu:20211026210952j:plain

 

そして、実はこの山田家本屋のすぐ隣には防長三名湯の一つ、湯野温泉の足湯があります。

山田家本屋の帰りにちょっと寄り道するには最高の位置にあります。

足湯の両隣に2台程度、車が停められました。

感覚ですが、人通りが少ないので、比較的空いているように思います。

 

屋根がついていて雨の日も問題なく湯に入れます。

 

f:id:souzu:20211026210911j:plain

この足湯に入ってみたのですが、どうもこの足湯は源泉を加熱しているようで、とても熱かったです。

つま先から少しずつ入ることをお勧めします。

 

この日はたまたまなのか、我々以外に人は来ませんでした。

ゴールデンウイークなら多少状況は違うのでしょうね。

 

泉質は山口県では珍しいラジウム泉で滑らかな印象でした。

 

なお、足湯シリーズでは毎度のことですが、タオルを忘れると足が濡れたままになりますので、ぜひタオルを持っていきましょう。

近くにタオルを売っている場所もないので。