どじょうさんのブログ

主に山口県について書く雑談ブログです。

山口県山口市の湯田温泉の史跡 瓦屋跡(かわらやあと)を訪ねたので場所などの情報を記録

山口市湯田温泉を訪ねて、かつて明治維新の志士達が集まったと言われる瓦屋を探した。

ただ、案内がなく途中で案外道に迷ったので、ここに記録します。

 

湯田温泉で温泉以外の観光地といえば、美祢市のサファリランド、秋芳洞、または山口市内の瑠璃光寺山口県立博物館や美術館など遠方になりがちです。

その場合は近くで手軽にいける小さな史跡を回って瓦屋跡も検討してみるのもいかがでしょうか。

 

とはいっても現存しているものは殆どなく、今あるのは瓦屋の跡地です。

f:id:souzu:20210926205230j:plain

 

場所ですが、

おもての通りからは案内はなく、老舗の松田屋(ここも維新の史跡です)の裏側にあります。

場所は裏の通りの錦川通りの途中です。

 

ひっそりと石碑があるので、よく探さないといけないかもしれません。

 

更に歩くと湯田温泉の源泉の場所があったり、足湯があったりこの裏の通りで小さな楽しみ方ができます。

 

瓦屋は木戸孝允高杉晋作井上馨伊藤博文などが密議を重ねたと言われている旅館だったと言われていますが、現在はほとんどが駐車場になっています。

 

庭園の一部がホテル内に現存しているようなので、興味がある場合は宿泊して見学してみるといいかもしれないですね。

 

また瓦屋の娘の龍子は、吉田松陰門下生であり日本法律学校(現日本大学)を創立した、山田 顕義の妻です。

 

意外なところで、湯田温泉と遠く離れた日本大学と繋がりがあるので、卒業生の方は驚かれるかもしれませんね。