どじょうさんのブログ

主に山口県について書く雑談ブログです。

山口県下松市の和算家、弘鴻(ひろ ひろし)の碑の場所について現地調査した

1829年(文政12年)、現在の下松市、当時の長州徳山藩に仕えた、弘鴻(ひろ ひろし)という名の優れた和算家(数学や暦法)がいました。

 

 

著書も多く、四境戦争で暦が手に入らなかったときに自分の知識をもとに暦を作成したりもした功績がある和算家とのことです。

一度石碑だけでも見に行こうと思ったのですが思ったより場所探しに苦戦したので、情報を記しておきます。

 

場所は下松市の花岡八幡宮の参道の途中、

花岡八幡宮の二の鳥居の付近です。

右手に花岡児童公園、左手に「花岡天満宮」というこれまたよく似た名前の別の小さなお寺があり、その入り口にひっそりと石碑があります。

f:id:souzu:20210923180940j:plain

とても分かりにくい場所でした。

現地でもしばらく気づきにくいうえ、Web上でも少し分かりにくい情報あるので注意が必要です。

 

話はそれるのですが、

花岡八幡宮八幡宮とは、別名八幡様と呼ばれる神社であり、

花岡天満宮天満宮とは、別名天神様と呼ばれる神社なので、

その関係性も気になることもさながら、その途中に数学者の石碑があることも不思議です。

看板には下松の花岡で生まれたと書かれているのですが、この近くに生家があるのか。

 

看板によると弘鴻は下松市の花岡(旧周防国都濃郡花岡)で生まれ、萩の明倫館(最近まで小学校として使われていました)で学び、大阪で勤務していました。

その後、山口中学校(現在の山口高校です)や師範学校の教授となったとのことなので、大変学問に熱心だったことが窺えます。

 

数学者としての発見や功績は、どうやら長州内での先生として限られたところみたいです。

 

しかしながら、四境戦争で暦が手に入りにくいときも農民のために種まきの暦を作成生するなどの農民にも慕われた数学者だったとか。

 

こういう人物になりたいものです。